猫舌と猫足

アクセスカウンタ

zoom RSS 声 骸

<<   作成日時 : 2009/07/28 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このごろ蝉の声で目が覚める。近くの公園の樹木に余程の数集まっているのだろう。
通勤途中傍を通るが樹全体が湧きかえるようだ。

ヨーロッパでは蝉がいないらしい。正確には南仏とギリシャ以外にはいないとか。

アメリカには蝉が居る。17年蝉は有名。
それはともかくサリンジャー「ナインストーリーズ」に蝉が出てくる。それも日本の俳句を通して。


やがて死ぬ景色は見せず蝉の声 芭蕉

さらりとした句だが乾いた無常さが深い。生命を謳歌しているような蝉の歌も死を前にした最後の輝きなのだ。いや死を目前にしているからこそなど教訓めいた事は言うまい。誰も死は意識できない。
できるのは超能力を持つものだけでテディは妹に空のプールに突き落とされる。

夕刻仕事を終えて事務所を出るとコンクリートの床に蝉が死んでいた。いやもしかするとまだ生があって触ると鳴き出すのかもしれない。それほど綺麗な骸だった。
画像

ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)
新潮社
サリンジャー

ユーザレビュー:
まさにアメリカ文学の ...
まるでガラス細工著者 ...
野崎孝という訳者pe ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
声 骸 猫舌と猫足/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる