画像
城下町萩。西国の雄藩の結構がそのままといっていいほど残る。これほど五月の晴天と翠が似合う街はない。
画像


画像



画像


白い壁と夏ミカンの黄色。青空。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像






世に棲む日日〈1〉 (文春文庫)
文藝春秋
司馬 遼太郎

ユーザレビュー:
幕末史を長州藩(まず ...
功山寺に行ってきまし ...
時代を作った若者の生 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ししです。
2009年05月15日 18:26
広島のししです。この度はご来場有難うございました。貴Blogを拝見する限り、どうやら同じ日くらいに萩観光したみたいです。京都から中国地方を旅されましたか。私も、4月26日には、逆に京阪神地方を旅してきました。高速1000円に騙されていきましたが、結構大阪の高速等で別料金を取られ高いものになってしまいました(笑)
萩は真夏のような天候でした。これで4度目になりましたが、行く先々で百円を徴収されるのには閉口でした。数年前までは無料で拝見できたものが‥。駐車場も高くなっていましたし。文化財保護に仕方ないのかもしれません。
まだまだ萩のシリーズは続きますので、よかったらまたご来場ください。今後共宜しくデス。

http://hiroshimakagura.at.webry.info/

この記事へのトラックバック