テーマ:旅行

ラ・コリーナ近江八幡

http://www.clubharie.jp/shop/la_collina/index.html 藤森 照信といえば東奔西走の建築探偵で、看板建築の発見者で、見たことあるような文体ではあるが洒脱なエッセイストで、小田和正の同級生で、赤瀬川原平のニラの家で東大教授で今や東京江戸博物館館長だ。 彼の建築になる商業施設。細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BIWAKO TERRACE CAFE

夏のびわ湖バレイへいってきた。 最近カフェが流行りらしい。 インスタバエとかいう新種のハエ(外来生物?)に若い女の子が夢中とか。謎すぎる。 道路はお約束の大渋滞。しかし駐車場は相当確保している。 見上げると山はガスに覆われていて展望は期待できないかなと。 巨大な高速ロープウエイで4分で山頂へ。昔はカーレーターで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

送り火の夜

アパートの部屋から送り火が見えた。 引っ越した年はいきなりの豪雨。 今年はうまく晴れてくれて。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天得院に桔梗を見にゆく。

天得院に桔梗を見にゆく。 娘が招待券を呉れたのだ。 天得院は東福寺の塔頭だと券面にある。 杉苔に覆われた枯山水のあちこちに桔梗が咲いている。 みると朝日の社章をつけた若い男が庭で写真を撮っている。 花は高い背の茎の頂上に凛と咲いている。 不思議な存在感があり群れているようでそれぞれ知らぬ顔である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もず.ありすい

アリスイがいるよというお噂をたよりに枚方大橋近辺へ。 ここには河川敷に通称野鳥通りという小道があって様々な鳥がいる。 カメラマンも大勢。 高鳴きするのはモズばかり。僕は好きだよモズ。綺麗だし。 藪の中に雉なんかもちらりとみえたのだけれども。 諦めて帰ろうとするとカメラマンさん達が談笑。 人交わりが苦手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タラサ志摩リゾート

小さな湾を抱く森の中にホテルはある。 曲がりくねったアプローチの幾度目かのカーブで、正面玄関からロビーを通して海が見える設えになっていて、幾度訪れても目を楽しませてくれる。  ところが車寄せに小さなワンボックスカーがそれこそ蝟集して接近できない。 なんとか割り込んで車を止めるが、そこには泥酔した若者たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふくろう

大阪府下の有名な大けやきにふくろうが巣立ったときいて見にゆく それにしても神韻縹渺たる大樹に不思議なふくろう。できすぎ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢散歩

 片町で飲んだ後に、タクシーを拾いひがし茶屋街までと告げた。 車が黒々とした金沢城の石垣下を回り込むように走るころ運転手が耐えかねた様に尋ねてきた。 いまから何するんですか。 えっ撮影とカメラを見せながら何を言うのか訝しむ。まだ零時過ぎたところじゃないか。 タクシーはすっかり寝静まった一角に止まる。ここです。帰りは大通りまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鞍馬の火祭

鞍馬の火祭に行ってきた。 子供のころ一度行った記憶があるのである。叡山電車が鞍馬の駅に入る直前紅が車窓いっぱい映えて頬まで熱くなったのを覚えている。 そのあと炎に彩られた小さな町を歩いた記憶があるのだが、おそらく現況は悠長なものではないことは予想された。 京都の観光は混雑を極める上の、昼間に時代まつりがある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仰木の棚田

堅田の駅から歩くこと小一時間。 比叡山麓はさすがに寺が多い。 広々とした近江の空の下、馬蹄形の刈田 雉のメスがいた
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府庁旧本館 議事堂

京都府庁旧本館 松室重光 明治/1904 煉瓦造一部石造、建築面積2822.43平方メートル、2階建、正面及び背面車寄付、スレート葺 議事堂が修復され公開された
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more